【演目紹介】河内山

kouchiyama

みどころ

明治十四年(一八八一年)三月、東京新富座で初演の河竹黙阿弥の傑作「天花粉上野初花」(くもにまごう うえののはつはな)から、今回は、文化時代の実在の人物、河内山宗春をモデルにした「松江邸玄関先の場」を朗読歌舞伎で上演します。黙阿弥の得意とする心地よいセリフの流れをお楽しみください。

あらすじ

お城の茶坊主、河内山宗俊(こうちやまそうしゅん)は、知り合いの上州屋に娘を取り返してくれと頼まれ、身分を上野寛永寺のお使いと偽って、大名屋敷にやってきます。寛永寺の威光を恐れた大名家では上州屋に娘を返し、宗俊を手厚くもてなします。
まんまと事をなして帰ろうとする宗俊を、家老の北村大膳がひきとめます。大膳はお城に出向くこともあり、宗俊の正体を見破っており、「騙り」として捕らえようとします。正体がばれてしまった宗俊は、それでも平然として「自分は将軍にお仕えする、いわば直参。大名家のものにとやかく言われる筋合いはない。と開き直ります。
そこへ、同じ家老の高木小左衛門が現れ、「家の恥を表に出さないため、寛永寺のお使いに失礼なことをするな」と大膳をいさめます。大膳は腹の虫がおさまりませんが、殿も出てきたため高木家老の言に従うしかありません。
宗俊はそんな様子に高笑いしながら、悠々と帰っていくのでした。

キャスト《2016春》

 
A
B
C
河内山宗俊力石 明三縞 柚果三宅 琥太郎
宮崎数馬板倉 琉世西村 千春串橋 大芽
北村大膳北島 剛希飯田 織夢田中 桜也
黒沢福士 加恋上塚 虎之介今井 美甫
米沢伊藤 才太朗高田 優翔柴田 一花
大橋近藤 月琴岡田 凱沖山 紗梨
堀江木村 海翔田中 佑典大塚 愛桜
高木小左衛門和泉 一真玉置 晴菜桑原 典史

 

2016春公演演目紹介《あらすじとみどころ/配役》
 仮名手本忠臣蔵 〜三段目〜
 河内山
 釣女
 茶壺
 三人吉三巴白浪 〜大川端庚申塚の場
 白浪五人男 〜稲瀬川勢揃いの場
 かっぽれ
 口上