【演目紹介】三人吉三 大川端庚申塚の場

sanninkichisa2

みどころ

河竹黙阿弥作。初演は万延元年(一八六〇)一月、江戸市村座。同じ名前の個性的な三人の泥棒が出会い、義兄弟になるまでの一場面です。
「月も朧に白魚の、かがりも霞む春の空…」という七五調の名セリフで知られる傑作です。

あらすじ

お客が落としていった百両を届けようと大川端を歩いていたおとせは、癪(しゃく:胸の痛み)に苦しんでいるところを通りすがりの七三郎に助けられます。
七三郎は、大金を持って歩くのは危ないので今日は帰るようにと言って別れますが、その親切に従っておとせが帰ろうとすると、振袖姿の娘に声をかけられます。この娘は、実は女装して悪事をはたらくお嬢吉三でした。お嬢はうそを言って百両を奪うと、おとせを大川へ蹴落とします。
この様子をうかがっていたお坊吉三は、お嬢と百両をめぐって斬り合いを始めますが、和尚吉三が割って入り、二人の争いをおさめます。感服したお坊とお嬢は三人で兄弟分になりたいと申し出るのでした。

こども歌舞伎「三人吉三」登場人物

和尚吉三…もとはお坊さんで、三人吉三の中では兄貴分。
お坊吉三…もとは武士。父の切腹、お家断絶からぐれた。
お嬢吉三…旅役者に育てられ、女形として成長した。
おとせ…生活ために夜遅くまで働いている女の子。
七三郎…質屋で働く若者。

※ 画像は2011年公演のものです。

キャスト《2016春》

 
A
B
和尚吉三田中 桜也高田 優翔
お坊吉三福士 加恋桑原 典史
お嬢吉三近藤 月琴板倉 琉世
おとせ野添 紅花小井土 結花
七三郎柴田 一花田中 祐典

2016春公演演目紹介《あらすじとみどころ/配役》
 仮名手本忠臣蔵 〜三段目〜
 河内山
 釣女
 茶壺
 三人吉三巴白浪 〜大川端庚申塚の場
 白浪五人男 〜稲瀬川勢揃いの場
 かっぽれ
 口上