【演目紹介】白浪五人男

shiranamiimage2

みどころ

文久二年(一八六二)江戸市村座初演。本名代「青砥稿花紅彩画」、通称「白浪五人男」で、河竹黙阿弥の数ある代表作のひとつです。四幕目から「稲瀬川勢揃いの場」を上演します。
「白浪」とは泥棒のことで、昔中国で「盗賊」を意味した「白波賊」に由来しています。
今回演じる「稲瀬川勢揃いの場」は、悪事がばれて逃げる五人が、桜咲く土手で捕手に囲まれながら名乗りをあげる名場面で、ここから漫画家・石ノ森章太郎は「秘密戦隊ゴレンジャー」(戦隊モノの元祖)のアイデアを得たといわれます。
鎌倉の地名を読み込み、五人それぞれの個性がよく表れた七五調の名セリフが聞きどころです。

あらすじ

悪事がばれた盗賊団・白浪五人男は、桜が咲き乱れる稲瀬川の土手までとうとう追いつめられます。
頭目の日本駄右衛門を筆頭に、「志ら浪」と書かれた傘を差しながら登場した五人男は、やがて十手を振りかざす捕手たちに取り囲まれます。
ところが、捕手の「動くな」という言葉にも動ぜず、五人はそれぞれに堂々と名乗りをあげるのでした。

キャスト

 
A
B
日本駄右衛門田中桜也田中桜也
弁天小僧菊之助福士加恋串橋大芽
忠信利平三宅琥太郎三宅琥太郎
赤星十三郎山崎ひかり近藤月琴
南郷力丸吉田真守桑原典史
捕手①和田花梨松島千明
捕手②石井悠翔坂田峻之介
捕手③鶴谷悠平今塚舞桜
捕手④稲岡海来奥山佳穂乃
捕手⑤板倉琉世川野輪真央

その他の演目紹介・キャスト
「義士外伝 弥作の鎌腹」
「身替座禅」【歌舞伎舞踊】
「義経千本桜〜吉野山の段〜」
「仮名手本忠臣蔵 三段目」【義太夫】
「かっぽれ」【歌舞伎舞踊】
「口上」